完全無料!士業専門家をご紹介|士業セカンドオピニオン|tellmee(テルミー)

士業『セカンドオピニオン』の役割

現在の顧問の対応や進歩状況はどうですか?

本当にこの対応でいいのかな?
もしかして対応方針は間違えていないかな?
長いお付き合いの中で言い難い、聞きにくい事がある?
など不安に思った事はありませんか?

顧問の先生方や士業事務所は、もちろん信頼しているけど
世界にたった一つのあなたの悩みや相談です。
「他の専門家の意見を聞いてみたい」 「他の専門家の対処方針を伺いたい」
この「他の専門家から意見」をいただくことこそが「セカンドオピニオン」と呼びます。

セカンドオピニオンは、その言葉通り「第二の意見」「次の最善策」の意味です。
現在の顧問以外の専門家にあなたの悩みや相談を客観的に、対処法の一つを聞く、提示してもらうことです。

最近、医療関連では、よく聞く言葉になりました。
会社や個人の悩みや相談、不安事などは病気と同じです。
セカンドオピニオンによって、他の意見が出ても新たな対処法や解決策を見つけられますし、
現在の顧問に再度、伺うこともできます。
現在の顧問の対処法に他専門家の意見が同一ならより安心もできますね。



セカンドオピニオンを導入することによって、あなたに以下のような安心や予防策が取れます。

顧問の対処法を他に良い対処法が無いかどうか確認できます。
顧問の対処法に誤りが無いか確認できます。

ただ、よくセカンドオピニオンを導入することは、現在の顧問に疑問符を抱くことなので
「顧問先に失礼な気がして、導入しにくい・・・」そのような方もおられると思います。
ですが、医療の分野ではセカンドオピニオンはごく一般的になっています。
例えば、ほとんどの大学病院のwebページには、セカンドオピニオンに関する説明があります。
医療では、「専門性が高い」「守秘義務が重い」などの理由でセカンドオピニオンが早くから認知されました。
士業に関しても「専門性が高い」「守秘義務が重い」などセカンドオピニオンの活用が
あなたの安心感、迷い、不安、を少しでも減らすことができます。

士業の方々から見ても、クライアント様に最高のサービスを提供したい気持ちです。
「セカンドオピニオンをクライアント様が導入して、そこで万が一、
制度の変更や何か見落としが防げるならその方がいい」と各士業専門家達もそう思っています。
その為、クライアント様が別の専門家の意見も聞きたいと思ったら
セカンドオピニオンを活用して頂ければいいと思います。



あなたは、顧問の対処方針に納得してサービスの提供を受けていますか?

顧問契約の際に「進歩状況を説明しながら対処していってほしい」とお願いしていたのに
説明が、きちんとされていないせいで解決に時間がかかっている、意図した方向に進まないなどの
トラブルが発生したりします。
この様なトラブルを防ぐためには、対処の仕方、解決案を顧問がクライアントにきちんと説明する。
その、対処の仕方、解決案のメリット、デメリットも説明をしてもらうことが大切です。
このことは、「説明と同意」「告知と同意」の成立には、
クライアントが納得することが必要です。

もし、顧問の対処の仕方や解決案に納得でき無い場合は、
別の専門家の意見も聞いてみるとよいでしょう。
そこで、問題解決の近道でもあるセカンドオピニオンの導入を検討してみてください。



セカンドオピニオンを活用する為のステップ

tellmee(テルミー)掲載の士業事務所様には、セカンドオピニオンの導入を積極的に推進している
士業事務所様が多数登録して頂いております。
顧問料金の3分の1 ~ 5分の1 の料金がセカンドオピニオンの相場で多いようです。
勿論、相談内容でのスポット対応やセカンドオピニオンの必要性も検討して頂けます。
まずは、お気軽に 無料で安心相談 からお問い合わせください。



セカンドオピニオンを選ぶ際に気を付けること、注意すること

沢山の客観的意見を求めすぎて、多くの士業事務所に相談に行けばいいわけではありません。
誰が判断しても、対処法や解決方法が同じになり得るような場合もあります。
この様な、ケースの場合セカンドオピニオンを求めても意味をなさなくなってしまいます。

顧問の意見を信頼できないで、沢山の士業事務所にセカンドオピニオンの導入を検証しても
お金や時間がかかるだけですし、ましてやいつまでたっても悩みや相談が「対処」、「解決」
されません。
士業事務所、士業専門家の皆様はクライアント様の悩みや相談、不安事を
クライアント様が納得いくよう全力で解決、対処します。